スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は毎週恒例のボー集まり。

勿論、今回も楽しみに出掛けたんですが

途中でキャンセルしました。

理由は・・・

お爺さんを轢いてしまったから。


ケーキ屋さんに寄ってから行こうと狭い脇道に入ったら

歩道をフラフラしながら自転車を漕いでるお爺ちゃんを発見。

気をつけながら進み、もう少しでお爺ちゃんを抜いて

目的のケーキ屋さんだって時

お爺ちゃん、後ろも確認せずにいきなり斜め横断。


P1030800 2
↑↑信号は青。


ブレーキを踏んでハンドルも切ったけど

車は急に止まれるはずもなく

自転車の後ろに当たってしまい

お爺ちゃんは転倒。

慌てて車を降りて怪我の具合を確認すると

肘の打撲だけみたいでした。

警察や救急車を呼ぶかお爺ちゃんに確認すると、悩むお爺ちゃん。

どんな状態だろうと警察は呼んだ方がいいだろうと110番した私。

その間、手は振るえっぱなし。

避けきれない距離で飛び出したされたにしても

ピンピンしてるお爺ちゃんを確認しても

凄い怖かった・・・・・

若い時は車の運転も乱暴で色々とありましたが

ここまで怖いと思ったのは初めてです。

今までは当たっても相手は木や雪山でしたが

人間になると怖さが全然違う。

やはり、”命”がかかってるからでしょうね・・・


その後、警察の方が来て事故の説明。

後から更に警察の方が増えて また説明したんですが

お爺ちゃん、何故か違う若い警察の方に交差点の左から来たと説明。

信号の近くに居た事になっていて

話しの食い違いでイライラしてたのか

私は若い警察の方(たぶん私より若い)に

「あそこに見えてるのに危ないとか思わなかったのか!」

とか怒られる・・・・

それを見ていた最初の警察の方が助け船を出してくれ

歩道の雪に自転車の跡もついていた事から

ようやく私の話を聞いてくれた。

若い方は納得いかないような顔してましたが

最初の方は事情をわかってくれ

「辛いだろうけど、どうしても車の方が悪くなるし

”飛び出してくるかもしれない”って注意不足とられるから・・・」

と、優しく言ってくれました。


事故処理が終わった後

警察の方がお爺ちゃんに

「救急車呼ぶかい?」

と、聞いたけどお爺ちゃんは

「呼ばなくていい」

と言い

結局、後日 警察からお爺ちゃんに電話をして

病院に行くか、行かないか聞く事になり

この事故が人身なのか物損なのかは

後日、お爺ちゃんの返事次第になりました。


お爺ちゃんの自転車の車輪が曲がってしまい

自転車が動かなくなったので

私の車に自転車を積んで、お爺ちゃんを家まで送り届け帰宅。


旦那にも電話をしたので事故現場には旦那も来てくれてて

保険屋さんに電話もしてくれました。

車も、かすり傷程度だったんですが

車屋の旦那、帰宅後 直ぐに持ってってしまった・・・


夕方、旦那から電話があり

「さっき、保険屋さんから電話がきて

お爺ちゃん、肋骨が2~3本折れてたって・・・」

と聞き、私は更にショック。

息子さん夫婦と同居していたお爺ちゃん。

帰宅した息子さんが病院に連れてったらしいです。

たぶん、転んだ時に自転車のハンドルにぶつけたんでしょうね。

心配なので、MRIも撮るらしいです。

誰でも避けきれない距離で斜め横断してきたので

当たるのは覚悟したけど

もっと怪我しないように当たってあげれなかったんだろうか?

そんな事を考える余裕もなかったけど・・・

骨折しているなら入院になるだろうし

お見舞いに行かないといけませんね。


私とボブはというと

かなりの急ブレーキでしたが怪我はなし。

ボブがバリケンでバランス崩して怪我しなくて良かったです。

足を怪我してディスク出来なくなったら

私は立ち直れない位のショックだったかも。


今の所、目の前に信号があるのに

後方確認もせずいきなり斜め横断したお爺ちゃんが悪いらしく

過失割合は3:7らしいです。

もっと私の過失があるのかと思ってたので安心しましたが

何だかお爺ちゃんに申し訳ない気もする・・・

怪我したのはお爺ちゃんだけで

私もボブも無傷で、車だって修理って程じゃなかったし・・・

まだ家族の方に会ってないのでどんな方か知らないけど

お爺ちゃん

「急に飛び出したらダメだろ!」

とか怒られてなければいいですね・・・

これがキッカケでお爺ちゃんの自転車が禁止になったり

1人で外出禁止になんてなってたら

またショック受けそうです・・・


お爺ちゃんも心配ですが

自分の事も勿論心配。

もう公園は足が埋まるようになってきたのに

もし免停になったらドックランとかにも行けず

ディスク練習も厳しくなる・・・


これからの話し合い(お爺ちゃん家族とウチの保険屋でですが)

お爺ちゃんにも、私にもいいように話が進めばいいんですけどね。

スポンサーサイト
     

コメント

大変でしたねぇ・・・でも相手がいい人で良かった!
保険金目当てに自分から当たってきて怪我してもいないのに捻挫だむちうちだって騒いだりする人もいるそうですからね・・・。
不幸中の幸いですね!

本当は今日明日あたり伺いたかったのですが、悲しいかな一昨日からのど腫れっぱなしで声が出ないのです・・・。

23日終業式なのでそれ以降におじゃましたいです!
ではでは^^

あらま!

たまに寄らせていただくメイタンちです


気の毒の一言です

メイパパも子供のお弁と忘れたお母さんがちゃりで猛スピードで飛び込んできたのと

おじじが交差点で無謀に曲がってぶつけられたことがむかーーしありました


お母さんは骨折で、でも小道から飛び込んだのに無罪

こちらは不注意で免停になりました

辛いけど日本の法律は車に厳しい!


無罪になること祈りますね

落ち込まないでね!

毎年冬になると危険だな〜と思うのがおじいさんの自転車です。
よたよたと走っている姿はもう黄信号どころか赤信号ですよ。
なぜ家族や周りの人が止めないのかといつも不思議に思っています。
たぶん人の言うことは聞かないのでしょうね。
他の人や車の迷惑になるということも理解しようとしないのでしょうね。

ボブmamaさん、今はショックでしょうが、一日も早く元気になってくださいね。
あまり考え込まないで下さいね。
そして元気になってまた一緒に遊びましょう!!

ボブmamaさん事故大変でしたね お爺さんの怪我も大変でしょうが mamaさんの心に傷が出来たみたいなんで そちらも心配です 気をつけていても事故は起こるものだから mamaさん 自分をあまり責めないで下さいね mamaさんにもボブ君も怪我がなくて良かった
Secre

     
FC2カウンター
□■お知らせ(一言)■□
時間がなく
読み逃げばかりになってます(>_<)
週末はなるべくコメも残せるように頑張ります!
プロフィール

ボブmama

Author:ボブmama
◆北海道在住◆

<ワンコ紹介>

名前
ボブ

犬種
ボーダーコリー

性別
男の子

生年月日
2008年12月3日

出身地
北海道上川郡
(ファンタジー・ドック・ステージ)



性格
かなりの臆病者。
そのくせに好奇心旺盛。
甘ったれで、人間大好き♪

月別アーカイブ
カテゴリ
□■ランキング■□
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

メール
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。